• 交点

新しいブレンドができました



ホットも、アイスも、カフェオレも、交点ではゼロハチさん(08 COFFEEさん)につくって頂いた定番かつ唯一のオリジナルブレンド『凪ぐ空を』で淹れてきました。

それは僕たちなりに暮らしとコーヒーの寄り添い方を考えた結果のこと。


家で淹れるコーヒーを想像してみてください。

買ってきた一つのコーヒー豆、ブラックで飲んだり、たまにカフェオレにしてみたり…と、だいたいはそんな淹れ方、飲み方をするのではないでしょうか。

僕たちは家でそんなふうにコーヒーを飲みます。


いつものコーヒー。

毎日飲んだとしても飽きることがなく馴染むコーヒー。

でも、ミルクを入れたり、砂糖を入れたり、たまに気分でしてみるアレンジにも懐深く寄り添ってくれるコーヒー。


家で、そしてもちろん交点のお店で、本のページをめくりながら、音楽に耳を傾けながら、今日は晴れて暖かくなるかなとか、雨で晴れ間が待ち遠しいけどこれはこれで落ち着くものだなとか、何とはなしに窓の外を眺めるような…

思い浮かべていたのはそんな部屋の風景、窓から眺める空でした。


そんな空を眺める窓辺から一歩も二歩も外に出て、僕たちも好きな「街を歩く」ということをコーヒーに重ねてみようと思いました。


 Take a walk and say hello.


暮らす街を歩いて、知った顔に出会ったら「こんにちは!」とごあいさつ。

そんな光景の空は、部屋の中から眺めた凪いだ空よりももっと明るくすっきり晴れた空が似合うに違いない。

楽しそうな鳥の囀りの聞こえてくる空に違いない。

街の色や音や香りが心地よくないまぜになって、あちこちから聞こえる囀りのように降り注ぐ気持ちのよい空に違いない。


 そぞろ歩いてみたいのは

 囀り聞こえる窓の外

 囀り聞こえる空の下


そんなイメージをお伝えしてゼロハチさんにつくって頂いたのが、ふたつめの交点オリジナルブレンド『囀り(さえずり)』です。



味わいは、浅煎りの澄んだ華やかなコーヒーです。

僕たち(特にマスター)が大好きな華やぎと複雑味もあるエチオピア(ぜひブレンドに入れてください!とゼロハチさんにもお伝えしました。交点内での開発コードはゼロ八さんの『僕のケニア』へのオマージュで『俺のエチオピア』です。なんつって。)と、それにグァテマラのブレンドです。

「エチオピアはクオリティがめちゃくちゃ高いので、自信を持ってお勧めしてください」とゼロハチさんも太鼓判を押してくださっています。


ブラック(と呼ぶのがはばかられるような澄んだ軽やかな味です)で飲むと、浅煎りの爽やかさ、それにきらきらとした華やぎが感じられます。個人的には紅茶のようにも感じます。特に砂糖を入れて飲んだ時は、ふたりで「ああ!紅茶だ」と思わずつぶやいたほど。ブラック→砂糖のように味変で飲んでみるのも面白いと思います。



”ふたつめのブレンド”ということは、昨年末の周年の記念ブレンドとはちがって、これから常時飲んでいただけるコーヒーです。

「囀り」は、厳密な意味としては繁殖期(春)の鳥の鳴き声で、俳句の季語でも春の季語、新ブレンドのリリースのタイミングも春…と春づくしではありますが、僕たちの中では特にどの季節ということはなく、鳥たちの楽しそうな鳴き声が聞こえる、暖かくて気持ちの良い晴れ空の広がる日を思い浮かべています。


オープン当初からの定番『凪ぐ空を』共々、『囀り』もどうぞお見知り置きください。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

交点 喫茶と日々を暮らすこと

秋田県秋田市保戸野通町6−2(2階)

Phone 018-838-7275

www.kouten-akita.com

  • Instagram
  • Facebook

 

©2019 KOUTEN All Rights Reserved

​サイト内の画像、テキストの無断転載はご遠慮ください